Fête de la Sainte-Catherine – 聖カトリーヌ祭

Fête de la Sainte-Catherine – 聖カトリーヌ祭

【Fête de la Sainte-Catherine】

今週のブログは何を書こうかと考えていたところ、Marine (マリーヌ)が「La fête de la Saint-Catherineがあるよ!」と教えてくれたので、今日はそのお話を。

Sainte-Catherine (聖カトリーヌ : 聖カタリナ のフランス名) は、若い女性、学者、弁護士などの守護の聖人とされています。聖カトリーヌについてはいくつかの話が残されているそうですが、キリスト教への篤い信仰心のためにローマ皇帝の命により絞首刑に処され、「キリストの花嫁」として天に召されたそうです。特に女子修道院などに好まれ、清き乙女の理想像として長く信仰を集めたそうで、若い女性、学者、弁護士などの守護の聖人とされています。

聖カトリーヌの祝日は1125日で、この日にLa fête de Saint-Catherine (聖カトリーヌ祭)が行われます。聖カトリーヌ祭の起源は中世時代にさかのぼります。当時、まだ結婚していない25歳の女性たちは聖カトリーヌに夫を見つけてくれるようにお願いするため、正装し特別な帽子をかぶって、列を作って聖カトリーヌの像の前に進み出たそうです。

未婚の25歳の女性はCatherinette (カトリネット)と呼ばれ、この日にお祝いされます。Catherinetteは各々、聖人カトリーヌのシンボルカラーである黄色と緑を基調にした帽子をかぶってお祭りに参加します。La jaune pour la foi, le vert pour l’espérance (黄色は「信仰」を、緑は「希望」)”を表すそうです。

パリでは毎年、クチュールメゾンのカトリネットを集めた帽子コンクールが開催されます。参加者の多くは、アトリエで働く人たちで、帽子は自分で作ったり、メゾンが作ってくれたりするそうです(最近は女性だけでなく、男性(12/6Saint Nicolasにちなんで「ニコラ」)たちも参加します)

Marineの子供の頃は街で、毎年Foire de Sainte-Catherine (聖カトリーヌの市 / foire フォワール:市、縁日)が開かれ、いろいろなお店が出て賑やかだったとのこと、調べてみるとVesoul (ブズール:フランス東部のブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地方の街)の市が有名だそうです。残念ながら、今年はコロナの影響で縁日は中止になりましたが、帽子コンクールはオンラインで行われたようです。

Coronavirus : la foire de la Sainte-Catherine à Vesoul n’aura pas lieu en 2020 – france bleu 「コロナウィルス:ブズールの聖カトリーヌ市、2020年は開催されず」

 

他のスタッフにもSainte-Catherineについて聞いてみたところ、Geoffroy (ジョフロア)が、“Cette fête a fait polémique il y a quelques années (確か数年前にこのお祭りは論争を呼んだよ) というので、調べてみると、数年前のこんな記事を見つけました。

Féministes contre catherinettes – L’Est Républicain 「フェミニストたちがカトリネットに反対」

 

最後に、今年の1125日のFrance inter1記事をご紹介して終わります。トランスクリプションを見ながら聞けるので、ぜひ聞いてみてください。

Sainte-Catherine, Saint-Nicolas et le Black Fridayfrance inter「聖カトリーヌ、聖ニコラとブラックフライデー」

冒頭はこんな一文で始まっています。

Aujourd’hui, 25 novembre, journée mondiale pour l’élimination des violences faites aux femmes. La Sainte Catherine risque de passer inaperçue mais elle a eu longtemps son importance.

今日11月25日は「女性に対する暴力撤廃の国際デー」です。聖カトリーヌ祭は人々に注意を引かれないかもしれませんが、昔から大切な日でもありました。

また、こんな一文も出てきます。

On a entendu sur les ondes de France Inter que les féministes d’aujourd’hui portent évidemment davantage d’attention à la journée internationale pour l’élimination des violences faites aux femmes, fixée ce même 25 novembre.

フランス・アンテールの放送の中では、フェミニストたちは聖カトリーヌ祭と同日である 女性に対する暴力撤廃の国際デーに大いに注目していると言われています。

 

11月25日は伝統と時代の流れが交差する日でもあるようです。

À bientôt !

e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。ただし返信に少しお時間をいただく場合があります)

コメントは受け付けていません。