【話す】 Salon de lecture

【話す】 Salon de lecture

【話す】 Salon de lecture


《レッスンの内容》

毎回1冊の本について感想を自由に述べ合う「Salon de Lecture」。
40回目の今回はDidier Daeninckxの「Cannibale」を取り上げます。

【あらすじ】

1931年のこと、ニューカレドニアのカラナで生まれたゴセネは、 村の代表に選ばれ、20人ほどの青年と数人の娘たちをヌメアまで連れていくことになった。 ヌメアでさらに多くの若者たちと合流し、これからヨーロッパに旅立ってもらうと告げられる。 パリで行われる植民地博覧会でオセアニアの文化を紹介するというのだ。  ところが、博覧会に行ってみると彼らが入れられたのは檻の中だった。 檻には札がついていた。 「ニューカレドニアの人喰い人種」…

植民地の住民を動物のように扱っていた当時のフランス社会を強く批判した作品です。 衝撃的な史実ですが、読みやすいフランス語で書かれた比較的短い作品なのでおすすめの一冊です。

【詳細】
講師:David Garcia ダヴィッド・ガルシア 
作品:Cannibale
作家: Didier Daeninckx

参加者は事前に本を読んでおいてください。
(本は当校でも購入できます)。

お申し込みは電話やメール、当校受付にて。
皆さんのご参加、お待ちしています。

Bonne Lecture!!!!

授業数1回90分、 定員:6名
時間

  日 程:2017 年 5月28日(日)13h30〜15h00

料金会話サロンのチケット1回分
※チケットをお持ちでない方は1回3,090円で参加できます。
(通常授業の振替チケットは利用できません)

 

70202-od2ru3-464

Leave a Reply

Your email address will not be published.