"Le jour de muguet"

"Le jour de muguet"

【Le jour de muguet】
– 幸福をもたらす花  すずらん –

今日 5月1日は、フランスでは「Le jour du muguet(すずらんの日)」。愛する人やお世話になっている人にすずらん(=muget)を贈る習慣があり、もらった人には幸運が訪れると言われています。

「すずらんの日」の歴史は16世紀、シャルル9世の時代に遡ります。1561年5月1日、幸福をもたらす花とされるすずらんの花束をプレゼントされたシャルル9世は大変喜びました。そのためシャルル9世は、宮廷のご婦人たちにも幸せを分けてあげようと毎年この可憐な花を贈ることにしたそうです。
 一般の人々に風習が定着したのは19世紀末頃から。ベルエポックの人気歌手Félix Mayol(フェリックス・マイヨール)が5月1日にデビューしたことを記念して、以後常にすずらんの花を襟に飾って歌うようになり、それがきっかけで一般の人々にも広がりました。今日は「La fête du travail(メーデー)」でもありますが、すずらんとメーデーが結びついたのは1976年だそうです。

                                             

フランスでは当日は、誰でもすずらんを売って良いのだそうですよ。ただし、スズランは森で摘んだ根がないもので、花屋さんから100メートル以上離れた場所で売ることなどという規則があるのだとか。

最近は日本でも5月1日に合わせてすずらんを売る花屋さんが増えたように思います。皆さんも今日は可憐なすずらんを飾ってみませんか。

 

e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。ただし返信に少しお時間をいただく場合があります)

コメントは受け付けていません。